TEL

カテゴリー:

治療のこと矯正治療

矯正治療中は、さまざまな歯の痛みがあります。歯を動かすことによる痛み、口内炎による痛み、食べ物を噛むときの痛みなどです。なかには痛みが原因で食事に苦労している方も少なくありません。ただ、矯正治療の痛みが気になるケースでも、歯と顎に負担のない食べ物を選べば、安心して食事を楽しめるようになります。そこで今回はコンビニでも気軽に購入できて、栄養もある食事メニューをご紹介します。矯正治療の際の食事に困っている方はぜひ参考にして下さい。

 

コンビニで買える手軽な食事を紹介

矯正治療中の食事を選ぶ際は「強い力を使わずに噛める、やわらかいもの」「水分が多いもの」「装置に挟まりにくいもの」などがおすすめです。そこで、以上の条件に合致したコンビニで気軽に購入できる食品をご紹介します。

 

主食

おかゆやうどん、ドリアなどがおすすめです。
レトルトのおかゆは、強く噛まずに食べられるうえ、糖質を気軽に補えるメリットがあります。うどんやドリアも痛みを感じずに食べられます。これらは主食としての栄養がとれるので、ご飯粒を噛むことさえ辛く感じる時期には、積極的に取り入れましょう。
パンが食べたいときには、蒸しパンがおすすめです。ただしカロリーは高く、砂糖を多く含んでいる商品もあるため、食べすぎには気をつけましょう。

おかず

矯正治療中の歯と顎に負荷のかからないおかずとしては、茶わん蒸しや冷奴、焼き魚やハンバーグ、温泉卵などが適しています。これらは良質なタンパク質を摂取できて、ほとんど噛まずに食べられるのがメリットです。
また、食物繊維が含まれる野菜を食べるのが辛い時期は、スムージーやポタージュなどで補いましょう。これらの食事メニューを取り入れれば、矯正治療中の野菜不足を防ぐことができます。

 

甘いものが欲しいとき

クッキーやビスケットなどは、どうしても歯ごたえがあるため、矯正治療中に食べるのは辛く感じてしまう時期もあります。そこで甘いものが欲しくなったら、ヨーグルトやプリンなど、噛まずに食べられるものを買いましょう。ただし、甘いものの食べ過ぎは虫歯の原因になるため、適度な量を守って食べるようにしましょう。

 

 

矯正中に避けたい食事

矯正治療中には、歯の痛みや装置の損傷を避けるために、避けたほうがいい食べ物があります。

 

ワイヤー矯正で避ける食べ物

ワイヤー矯正中は「硬い食べ物」「矯正装置を傷つける食べ物」を摂取することはなるべく避けましょう。
たとえば硬い食べ物は、りんごやきゅうり、せんべいやフランスパンなどです。歯や顎に負担をかけ、強い痛みをもたらすことがあるため、特に矯正治療開始時には控えるべきです。
また、ガムやキャラメル、お餅などの粘着力が強い食べ物も、矯正装置に付着するリスクがあるので、避けるようにしましょう。

 

マウスピース矯正で避ける食べ物

マウスピース矯正の場合、ブラケット矯正ほど厳しいルールはありませんが、飲み物の選び方には注意が必要です。
マウスピース矯正中は装置をつけたままでも飲み物が飲めます。しかし、色がついたものや熱いものは装置の変色や変形を招いてしまうことがあります。熱いお茶やコーヒーなどを飲むときは、マウスピースを外すようにしましょう。通常の水であれば、マウスピースをつけたまま飲んでも問題ありません。

 

矯正中の食事のコツ

これまで、矯正治療中におすすめの食べ物と避けるべき食べ物についてお話ししました。以下、矯正治療中にトラブルを起こさずに食事ができるコツについてお伝えします。

 

小さく切って食べる

一口が大きい食べ物や歯で引きちぎるような食べ物は、装置を傷つけてしまいがちです。食べ物は一口サイズ程度に細かく切って食べるようにしましょう。

少しずつ食べる

硬いものでも柔らかいものでも、一度に大量に食べると口にも身体にも負担がかかります。一口分を少なめにし、ゆっくりと食べましょう。

奥歯付近で噛む

前歯付近で食べ物を噛むと、食べかすがひっかかり、装置の損傷が起きてしまうことがあります。なるべく奥歯付近で噛んでいけば、装置を傷つけずに食べられるようになります。

飲み物を積極的にとる

ワイヤー矯正は食べ物が装置に絡まりやすいのが特徴です。そこで食事中、こまめに飲み物をとるようにしましょう。適度に口の中を洗い流すことで、清潔な状態をキープしながら食事ができます。

 

矯正中の食事に関してご不明なことがあればご相談下さい

矯正治療中は歯の痛みにより、食事を取るのが難しい期間がある可能性があります。
しかし、食べられるものを選び、食べ方を工夫することで、不自由なく食事がとれるようになります。また、痛みは1週間程度で落ち着いていきますので、それ以降は装置を傷つけないように気をつけていれば問題ありません。矯正治療中もしっかりと栄養を取り、健康状態を良好に保ちましょう。もし、食事メニューなどについてお悩みがあればお気軽にご相談ください。

 

 

▼歯列矯正に関する関連ブログはこちら

歯列矯正治療中に虫歯が!矯正途中でも虫歯治療はできる?

歯列矯正で歯が動きやすい人の特徴は?治療期間が長くなる理由も含めて解説

歯列矯正は医療費控除の対象!条件や申請方法について

 

▼当院の矯正治療についてはこちら

成人矯正について

小児矯正について