TEL

esthetic

見た目の美しさと
機能面にこだわる審美接着治療

見ための美しさ「審美性」と「口腔内の調和」「機能性」を考慮した、歯科医の治療技術の集大成ともいうべき治療です。

「審美治療」では、見た目の美しさに加え機能性も重視しなくてはなりません。
歯茎はきれいなピンク色をしているのか?かみ合わせは問題ないか?歯の根の中は問題ないのか?治療すれば問題なくずっと使っていけるのか?
審美治療とは、クリアする項目がたくさんあり、歯茎との調和や噛み合わせを考慮した総合的な治療技術を要する治療です。歯の形やバランスを整えると、必然的に見た目も改善されるものです。見た目をきれいにするという点ではどこの歯科医院でもおこなっている治療と言えるでしょう。 一時的な美しさを求めるのではなく、機能面でも優れ、長く良い状態を保てる歯科医院選びをしなくてはなりません。
よく噛める=キレイな口元といっても過言ではありません。お口の中や口元の悩みで笑顔に自信が持てなかった方、より素敵な幸せな人生を送っていただくために、ひろたまさき歯科が全力でお手伝いをいたします。

こんなお悩みはありませんか?
ひろたまさき歯科では、おひとりお一人のご要望にお応えします

  • 白い歯にしたい
  • 歯茎の黒ずみが気になる
  • 被せ物や詰め物の変色が気になる
  • 笑った時に見える歯茎が気になる
  • 笑った時の銀歯をどうにかしたい
  • 銀歯の下が虫歯になっている

当院の審美治療・接着治療について

被せ物装着時の接着技術の重要性
従来の虫歯治療では、虫歯を削った治療部位に銀歯をはめ込み、歯と銀歯の隙間を埋めるために歯科用セメントを用いていました。
この方法は、銀歯を歯に埋め込むために大きく歯を削る必要があります。また、歯と銀歯をぴったりと接着しているわけではないので、銀歯が外れやすいことに加え、歯科用セメントは唾液で溶ける性質があるため、溶けた部分の隙間から虫歯が再発するリスクが非常に高いです。
当院の「接着治療」によって、被せ物をする際に歯と被せ物を強力に接着する「接着性レジン」を使用し、「歯を大きく削ること」「虫歯の再発のリスク」を抑えます。当院では接着技術にこだわり、歯の健康を考えた接着治療を行います。
身体に優しい
メタルフリー接着治療
メタルフリー治療では、銀歯などの金属を使わず、セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使用します。
金属のイオン化による歯ぐきの黒ずみが解消されるだけでなく、金属アレルギーの方も安心の治療です。
また、金属を使用しないことで、見た目も天然歯に近く透明感もあり、白く自然な仕上がりを可能にします。
メタルフリー治療、あなたのお口の中は大丈夫ですか?

こちらの写真は他院でセラミックの被せ物を被せた患者様の写真です。見た目にも綺麗とは言えず、接着部分に段差ができてしまっている為、二次虫歯のリスクも高いです。見た目・機能性両方ともが伴っておらず、この状態であれば金属を選択する方が安価で二次虫歯の再発リスクも軽減できるといえます。

被せ物に使用する素材を選ぶだけでは、白い歯は手に入りません

治療後の被せものを金属にするか、セラミックやジルコニアを使用して白い歯にするかで悩んだという経験がある方は多くいらっしゃると思います。しかし、上記の症例でもある通り、セラミックやジルコニアを選択したからといって白い歯が手に入るわけではないのです。見た目の問題だけではなく、二次虫歯のリスクなど、中途半端なメタルフリー治療では結果として大きな代償を生みかねません。見た目・機能性、両方を兼ね備えた美しい形に仕上げるには、金属と同じ治療方法ではなく、適切な診断と素材に合わせた治療方法・技術のある歯医者を選ぶことが重要であるといえます。

症例紹介

CASE 1適合が悪い銀歯をダイレクトボンディングで直した症例

  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後

主訴 他院にて銀歯の下に虫歯があると言われた。
診断 銀歯の下の虫歯
治療法 ダイレクトボンディング
費用 30,000円~40,000円
通院回数 1回
備考 ラバーダム防湿を用いることにより、唾液の感染や接着阻害のない状態で行っていく治療。

CASE 2適合が悪い銀歯をダイレクトボンディングで直した症例

  • 治療前

  • 治療中

  • 治療後

主訴 冷たい水を飲む度にキーンと滲みる
診断 セラミックインレー不適
治療法 セラミックアンレー治療
費用 80,000円(大臼歯)+70,000円(小臼歯)=150,000円
通院回数 3回
備考 セラミック治療というのはデザインが非常に大切。長期的に良い状態を保つには適切なデザインと接着が必要である。