TEL

ADULT CORRECTION

綺麗で機能的な歯並びで健康に笑顔で過ごせる毎日を

整った歯並びは見た目の良さを手に入れるだけではありません。
ブラッシングがしやすく整うことにより、虫歯や歯周病になりにくい口内環境へと変化させます。

歯並びに対する自信のなさから、自然と口元を隠してしまう、上手く笑えないといった悩みを抱える方をたくさん見てきました。また、何度も虫歯を繰り返してしまうという方は、実は歯並びの悪さが関係していることも。一般的に矯正治療は子供のうちに済ませるものといった印象を持つ方もいらっしゃると思いますが、成人してからでも遅くはありません。当院では患者さんのご要望に合わせて、ワイヤー矯正だけではなく、マウスピース矯正も取り扱っています。

歯並びに関して、ひとりで悩んでいませんか?
まずはお気軽にご相談を

  • 出っ歯や受け口である
  • 虫歯や歯周病を繰り返している
  • 歯並びがガタガタしている
  • 口元が気になって笑えない
  • 口が閉まらない
  • 食事中、食べ物を咬みにくい

機能的な歯並びで虫歯を防ぐ

「何度歯医者に通って治療を受けても、虫歯を繰り返してしまう…」「気をつけてブラッシングしているはずなのに、磨き残しをいつも指摘される」など、なかなか口内環境が改善しない方はいませんか?
実は虫歯のなりやすさと歯並びは大きく関係しています。歯並びが悪いと、歯ブラシが歯の隅々まで行き届かず、磨き残しが多くなってしまいます。その結果、いつもよく磨けていない箇所が虫歯になってしまうことに。
矯正治療で歯並びを改善することによって、歯並びが悪いことが原因でケアが不十分だった箇所にも歯ブラシが行き届くようになります。
虫歯や歯周病を繰り返してしまうことに悩んでいる方は、一度矯正治療を視野に入れてみてください。

当院で扱う矯正歯科について

ワイヤー矯正

歯の表面にマルチブラケットと呼ばれる装置を取り付け、そこにワイヤーを通して固定することで、歯を動かしていく一般的な矯正です。ワイヤーやブラケットは金属のものから、セラミックやプラスチックなどの白や透明の目立たないものなど様々な種類があります。また、ワイヤーやブラケットを歯の表ではなく、舌側(歯の裏側)に装着することで見た目には矯正をしていないように見せる方法もあります。それぞれにメリットやデメリット、費用の違いがありますので、ご要望や症例に応じてあなたが求める選択肢をご提案します。

メリット
  • 歯の移動速度が速い
  • 様々な症例に適用できる
  • 歯を大きく動かすことができる
  • 後戻りが少ない
  • 表側の金属ワイヤー矯正は他の方法に比べて費用を抑えることができる
デメリット
  • 初めは歯を動かすことによる痛みや違和感がある
  • 取り外し不可のため清掃を念入りに行う必要がある
  • 自費治療のため費用がかかる

ワイヤー矯正治療の流れ

  1. STEP01

    カウンセリング

  2. STEP02

    精密検査・診断

  3. STEP03

    治療計画の説明

  4. STEP04

    矯正装置の装着

  5. STEP05

    調整のため定期通院

  6. STEP06

    噛合わせの細かな調整

  7. STEP07

    装置の取り外し

  8. STEP08

    保定期間

  9. STEP09

    定期検診

マウスピース型矯正(デジタル矯正)

従来のワイヤー矯正とは異なり、ワイヤーや装置を歯に取り付けるのではなく、取り外し可能の目立ちにくい透明のマウスピースを歯に装着し、マウスピースを取り換えることにより歯を動かしていく新しい矯正方法です。3Dシステムを駆使し、現在の歯並びから治療完了までの歯の動きや最終的な歯並びを、3Dシミュレーターによって視覚的に確認することができます。マウスピースを作製する際に必ず必要になる型取りも、デジタルによる診断で完結するので、ムニュっとした不快な型取りは一切ありません。マウスピース型矯正では、患者さんそれぞれの完全オーダーメイドのマウスピースを、1~2週間ごとに新しいものに取り換えながら装着することで、少しずつ理想的な歯の位置に動かしていきます。歯を全て動かして歯並びを整える全顎矯正には「インビザライン」を、前歯だけなど必要な箇所のみを矯正する部分矯正には「インビザラインGO」と、システムを使い分けます。

メリット
  • 透明なマウスピースで周囲に気づかれにくい
  • デジタルによる診断で不快な型取り不要
  • 取り外しが可能なため食事や歯磨きがしやすい
  • 治療のイメージを視覚的に確認できる
  • 違和感が少ない
デメリット
  • 歯を動かせる範囲が限られている
  • ワイヤー矯正よりも適用できる症例が限られる
  • 毎日一定期間装着しなければ効果が得られない

口腔内スキャナー itero

当院ではマウスピース矯正を行う際に必要な、型取りの過程で発生する患者さんの負担を軽減するために、口腔内をデジタルでスキャンできるiteroを導入しています。従来の型取りでは不快感が伴なうため、患者さんにとって苦痛な工程でした。iteroは、お口の中にスキャナーを入れて口腔内の情報を読み取るだけなので、型取りの不快感が一切なく、型取りによる嘔吐反射が心配な方にも安心して治療を受けていただける仕様になっています。

マウスピース型矯正の流れ

  1. STEP01

    カウンセリング

  2. STEP02

    精密検査・診断

  3. STEP03

    治療計画の説明

  4. STEP04

    歯の型取り
    マウスピース作製

  5. STEP05

    マウスピース装着開始

  6. STEP06

    1~2週間ごとに
    新しいマウスピースに交換

  7. STEP07

    理想的な位置まで
    動いたら治療完了

  8. STEP08

    保定期間

  9. STEP09

    定期検診

料金表

  • 部分矯正¥50,000~400,000
  • ワイヤー矯正・表¥700,000
  • ワイヤー矯正・裏¥1000,000
  • マウスピース型矯正¥400,000~800,000

症例紹介