TEL

pedodontics

笑顔を育む、子どもの歯の予防と治療

カリエスフリーと綺麗な歯並びは、
ママ・パパから子供達への最高のプレゼントです。

子どもにとって、歯医者さんを「怖い!痛い!行きたくない!」そんな場所にしないために、当院では楽しく歯医者さんに通院できるよう、設備と診療において色々な工夫を行っております。
子どもの頃に歯医者さんに嫌なイメージがついてしまうと、大人になっても歯科医院は通いづらくなってしまいます。
子どもたちの気持ちに寄り添い、いきなり治療に入るのではなく、まずは診療器具や歯医者さんに慣れてもらうところから始めます。
0歳から12歳までの子どもたちが、自立できるまでサポートできる歯科治療を。 「虫歯0の人生」と「幸せな人生を育めるよう」当院ではお手伝い致します。

子どもの歯の年齢ごとのステージ

正しいケアを行うことで一生虫歯にならない口腔環境を作ることができます

乳歯は生え変わるから虫歯になっても良い、それは間違いです

歯が痛い、虫歯ができてしまった…という状態で来院されるお子さまが多くいらっしゃいます。乳歯は生え変わるから痛くなったら歯医者に行って治療をすれば良い、と考えている保護者の方も多いですが、子どもの内に大事なことは虫歯にならない口腔環境を作ること。実は子どものうちの方が口腔環境に注意する必要があるのです。12歳まで一本も虫歯ができなければ、一生虫歯にならない歯を手に入れることができます。

子どもの虫歯と予防

虫歯になりにくいお口に

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、もちろん虫歯菌はいません。

では、なぜ大きくなるにつれ虫歯になるのでしょうか? ご存知の方も多いと思いますが、虫歯は感染症です。
虫歯を持つご両親が、口をつけた箸やスプーンでお子さんに食事を与え、硬いものを噛み砕いて与えることなどで、お子さんに虫歯菌がうつってしまう…というのが原因のひとつです。
虫歯菌への感染を遅らせることで、将来虫歯ができにくくなるというデータもあります。
つまりは、今のお子さんを虫歯から守ることは、将来のお口の健康を守り笑顔を育むことにもつながるのです。

子どもたちの治療について

小児の歯科治療において、基本は予防です。

子どもたちの歯は、はじめきれいなまま生えてきます。しかし、もし虫歯ができてしまった場合、治療が必要になってしまいます。
急性症状のある場合は、保護者の方にきちんと説明後治療にあたる必要があります。
この状況では治療以外の選択肢がないので、嫌な思いをしないよう細心の注意を払い治療を行ないます。

しかし、このような状況でなければ、まずはお子さんに歯医者さんを好きになってもらうこと。
子どもたちと信頼関係を築くことを第一に考えます。
一度ついてしまったトラウマは、なかなか消えないどころか、大人になっても消えるものではありません。
親御さんも含め、歯科医師である私たちは、子どもたちが自立するまでお口の中を、歯科治療をサポートする役目を担っています。
子どもたちの「笑顔を育む」ためにも、「幸せな人生」を送ってもらうためにも、一緒に協力し子どもたちの将来をサポートしましょう。