電話TEL

カテゴリー:

精密治療・マイクロスコープ治療のことスタッフブログ

こんにちは。DAの浦です!
今回は、神経を保存できる治療法「直接覆髄」についてお話しします。

 

虫歯になるとなぜ神経を取らないといけないの?

まず、なぜ歯の神経を取る必要があるのかご説明します。
歯の神経は、歯の寿命を伸ばすために重要な組織です。
虫歯が深いと神経まで細菌が到達してしまい、細菌に感染してしまった神経は、炎症を起こして強い痛みがでるため、神経をとることでしか治療できません。

しかし、この神経をとることには多くのリスクがあります。具体的には、歯の破折リスクが高くなり、抜歯につながります。

神経をとることで細菌感染リスクが高まり、また、多くの歯質を失うことで歯が折れやすくなります。
一度破折してしまった歯は、元通りになることはなく基本的には抜歯になります。

このように歯の寿命を長く保つためには、いかに神経をとらないかが重要になります。

 

神経を保存する直接覆髄とは

当院では歯の神経を保存する「直接覆髄」という治療を行なっています。

直接覆髄とは、虫歯が深く、多少神経が露出してしまった場合でも、露出した神経をMTAという薬剤で覆うことで神経を極力保存する治療です。

ただし、直接覆髄を成功させるためにはいくつかの条件が必要となります。

一つ目は神経が生きているということ
次に痛みがないということ
その次に神経がでてしまったときに止血ができる
ということで成功率は高まります。

もちろん、MTAという薬剤を使って直接覆髄を行ったからといって必ず神経や歯を保存できるわけではありません。
あまりにも、コンディションが悪い場合はMTAを用いても神経をとらなければならないこともあります。

現在症状があり気になる方は一度ご相談ください。

▼当院の精密根管治療についてはこちらから

精密歯科治療について