TEL

カテゴリー:

治療のことスタッフブログ

こんにちは!DAの浦です。

今日は歯科治療において重要な麻酔についてお話します。

多くの患者さんが歯科医院が苦手な理由が「痛い治療」だと思います。
特に歯医者さんで「痛い」といえば麻酔を行う為の注射ですよね。そこで当院ではまず「表面麻酔」を行います。

 

表面麻酔とは

表面麻酔とは、歯茎に塗り薬を塗り、表面を麻痺させる方法です。
これを行うことで注射のチクッとする痛みも軽減することができるのです!

 

電動麻酔器も取り入れています

また、下の歯に麻酔を行う際には電動麻酔器を使用しています!

実は、下の奥歯は麻酔がとても効きにくいのです。
なぜかというと歯に麻酔を効かせる為には、麻酔の液を骨の中にしみ込ませる必要があるからです。
歯茎から骨の中にしみ込み、歯の根まで到達してようやく歯の神経が麻酔されます。
ですが、下の顎の骨は全身の骨の中でも特に硬く、なかなか麻酔の液がしみ込んでいきません。別の方法として麻酔の針を歯と歯茎の間に差し込み、そこから歯の根の先まで麻酔液をしみ込ませる方法を行うことが可能ですが、この方法は、下の奥歯や親知らずも麻酔が効く一方で、ものすごい圧力をかける必要があります。

そこで、電動麻酔器を使うことで、コンピュータにより注入速度・注入圧力を調節でき、針を進めるときの痛みや圧迫痛を抑えることが可能となるのです。

 

当院では、技術・経験とデジタル機器を掛け合わせることにより患者さんの麻酔の痛みやストレスを可能な限り抑えるよう努めてますので、安心して来院してください!