TEL

カテゴリー:

ブログスタッフブログ予防歯科・ヘルスプロモーション

こんにちは。受付の西森です。

今日は受付でもよくご質問いただくフッ素についてお話をしたいと思います。

 

フッ素洗口ってなに?

一定濃度のフッ素洗口液を用いて、30秒〜1分間ブクブクうがいを行う方法で、むし歯の予防手段として有効です。
ブクブクうがいすることにより、ハブラシの毛先が届きにくいところにも成分が行き渡り、水ですすぐ必要がないで、お口の中にフッ素がとどまります。

 

フッ素はどのように働くの?

フッ素には主に虫歯予防の3つの効果があります。

① 歯の質を強化(歯を強くする)
歯の表面を覆うエナメル質を、酸に溶けにくい性質に変え、ムシ歯への抵抗力を高めます。
むし歯菌のつくる酸で歯が溶けにくい、強い歯質になります。

② エナメル質の修復を促進(初期のむし歯を修復する)
酸により歯から溶け出したカルシウムやリンを補うこと(再石灰化)を促進します。
できかけのむし歯を再度硬く修復するのを促進してくれます。

③ 菌の働きを弱める(むし歯菌を抑制する)
ムシ歯を引き起こす細菌の働きを弱め、むし歯菌が歯を溶かす酸をつくるのを抑制してくれます。

 

フッ素洗口液の使い方は?

当院で販売しているフッ素洗口液を大きめのボトルに移し替え、水道水を500mlのところまで入れます。
年齢や個人ごとにお口の大きさは異なるため、お口の大きさにあわせた量で、ブクブクうがいをし、すみずみに行き渡らせましょう。
フッ素洗口液でうがいをした後は30分間飲食が出来ないので、朝家を出る前や夜寝る前がオススメです!

気になる方がいらっしゃいましたらスタッフまでお声掛けください!