TEL

カテゴリー:

治療のことスタッフブログ審美治療

こんにちは、DHの南園です。先日、自費のかぶせものを見ながら
「本当に歯の白さって奥が深い!」と考えさせられました…。
今日は歯の白さについてお話します。

 

大人の歯はもともと真っ白ではありません

時々「私の歯は黄色くないですか?」と言われるのですが、そもそも大人の歯は純粋な白ではありません。
少し黄色がかった白。
これは表面の白いエナメル質がやや透けていて、中の象牙質の黄色が見えているためだそうです。
乳歯は青みがかった乳白色なので、子供の歯は真珠のように真っ白ですよね。生え変わるとやけに黄色く見えるかもしれません。

そのため、白いかぶせものを作る時に本当にただの白いかぶせものを作ると、かなり浮いてしまいます。
では、どんな白ならいいのでしょうか?

 

シェードガイドで見てみよう

歯科医院にはシェードガイドというものがあります。
ホワイトニングや自費のかぶせものをする際に患者さんの歯の色を確認するもので、その色は一般的なシェードガイドでも16色。
彩度は4種類に分かれていてオレンジがかった白、黄色がかった白、灰色がかった白、茶色(赤灰色)がかった白。
その上、明るさに段階があります。

そのシェードを患者さんの歯に合わせて、周りの歯とのバランスを見ます。とくに前歯は色が大事なので、患者さんともよく確認する必要があります。
患者さんによっては
「暗いほうが自然で好き」という方や
「せっかくだから白いほうがいいな」
という方、様々です。
この色だと思ったシェードを歯に合わせて写真をとり、技工所に送ります。
その後、
技工士さんが作成したかぶせものを患者さんに見てもらいます。

そうして出来上がった、色もフィットも合っているセラミックのかぶせものはとても美しく、見る私達も感動します。

 

歯の見た目に悩んでいる方、相談をお待ちしております

歯並びや歯の白さ等、歯の見た目を気にされる方は、時代とともに増えてきています。
今はマスクが手放せない時期ですが、だからこそ治療がしやすい、という方もいらっしゃいます。
前歯などのかぶせものが汚くて悩んでいる方、つめものの境目が気になる方、とにかく歯や歯ぐきの見た目に悩みのある方は是非一度ご相談下さい。