TEL

カテゴリー:

治療のことスタッフブログ小児歯科・小児矯正・咬合育成矯正治療

こんにちは!DAの角です。
今回は過剰歯についてお話します。

 

正常な歯の本数とは?

みなさん過剰歯という言葉を聞いたことはありますか?
過剰歯とは、正常な歯の本数より多く存在する歯です。
正常な歯の本数は乳歯が計20本、永久歯は親知らずを除くと計28本、親知らずを合わせると計32本になります。
しかし、それ以上の本数の歯が見られる場合、その歯は過剰歯ということになります。
過剰歯は自然に生えてくることもあれば埋もれたままの場合もあるので、レントゲンを撮って始めて気づく場合もあります。

 

過剰歯が見つかった時の治療について

では、過剰歯が見つかった場合はどうすればいいでしょう?
過剰歯が生えている場所、または埋まっている場所によっては、歯並びに影響を及ぼす可能性があります。
また、過剰歯が永久歯への生え変わりの邪魔をしてしまう場合もあります。
過剰歯は基本的には抜歯になりますが、過剰歯があっても特に問題がない場合は、そのまま経過観察として様子を見ることもあります。

 

定期的なメンテナンス・予防でお口の中の診察を

抜歯をしなければいけないと聞くと少し不安に思われる方もいるかと思いますが、実は私の娘も過剰歯があり、5歳の頃に院長に抜歯をしてもらいました。
処置後もとくに問題なく永久歯もしっかり生え、現在は矯正で院長に診てもらってます。
過剰歯に限らず、今までご自宅で気をつけていたとしても歯医者で診てもらって初めて分かることがあります。
まずは定期的なメンテナンスや予防処置で歯医者に通っていただくことが大切です。