70歳代の方の人生での後悔、第一は・・・「歯を失ったこと」 スタッフブログvol.68

ブログです。
「定期検診を継続させるコツ」

こんにちは!受付の園田です。
まだ6月なのに真夏のような暑さが続いていますね。当院では感染対策を徹底し、今月より通常診療を再開させていただいています。
診療縮小中は皆さまに大変ご迷惑をおかけいたしました。

定期検診を一度途切れさせてしまうと、次予約するのになかなか腰が重い…という方もいらっしゃるかと思います。
今日は、そんな定期検診を継続させるコツについてのお話をさせてください。

虫歯や歯周病の治療が必要になった場合、何度も通院しなければならず、それだけ多くのお金がかかります。
定期検診を受けていると、生涯にかかる医療費を大幅に減らせることがわかっています。また、70歳代の方への“人生の後悔”についてのアンケート調査で、健康分野ではなんと「歯を失ったこと」という後悔が1位になっていました!

当院もほぼ毎週近くインプラント治療が行われていますが、
インプラントを一本治療する費用で実は30年近くの定期検診が出来るのです。

40歳くらいまでは歯には大きなトラブルが起きることはあまりありません。
しかし、次第に徐々に多くの歯が悪くなっていき、60代ぐらいでトラブルが続発するのが多くのパターンとなっています。

日本の保険医療は最初価格が安く、「こんな感じに簡単に治療が終わるんだ」という気持ちにさせてくれます。
しかし、次第にその治療は時間が掛かり費用も上がっていきます。そして最後抜歯になったときは噛みにくく、違和感の強い入れ歯か費用の掛かるインプラントを選択することとなってしまうのです。

そんな選択をして貰わない為に、絶対に絶対に定期検診が必要なのです・・・

定期検診を継続させるコツは、“予定がわかったら連絡する“よりも、”帰るときに次の予約を取る“のを習慣にすることです^^
今後とも、ずっと自分の歯で噛める幸せを感じて頂きたいです♪

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!