TEL

カテゴリー:

スタッフブログ予防歯科・ヘルスプロモーション

こんにちは。
ひろたまさき歯科 受付の西森です。
皆さんは歯を磨く時どのような歯磨き粉を使っていますか?
ペースト状の歯磨き粉、ジェル状の歯磨き粉、様々な種類の歯磨き粉があると思います。
今日は歯磨き粉の中でも特に顆粒入りの歯磨き粉についてお話しさせていただきます。

 

顆粒入りの歯磨き粉について

つぶつぶの顆粒入り歯磨き粉ですが、この顆粒は汚れを掻き出してくれそうに見えますが、人によっては使用しない方がいい場合もあります。
この類粒は自然に溶けてなくなる、ということはなく、歯茎のポケットが深めの人などは、歯周ポケットの中に入り込んで取れなくなっていて、歯周病の治療時(歯茎のお掃除中など)に歯周ポケットの中から顆粒が出てくることがあります。
この類粒は細菌を繁殖させる可能性があるため、歯茎のポケットが深めの人は、顆粒入り歯磨き粉は使わないほうが良いと思います。

 

歯茎のポケットが深めの人におすすめの歯磨き粉

では、どんな歯磨き粉がいいのでしょうか。
実は歯磨き粉は「なくてもいい」ものなのです。
なくてもよいのですが、もし使うのであれば、
・顆粒が入っていないもの
・強いホワイトニング効果をうたっていないもの(強すぎると研磨剤が歯を傷つけてしまう可能性がある)
・フッ素、抗菌成分は入っていないよりは、入っているもの
がいいと思います。

自分にあった歯磨き粉を選ぶというのは自分の口の中を知る事になります。
年齢や病気の種類、歯や歯茎のタイプによっても様々変化していきますので、ご自身にあった歯磨き粉を選ぶようにしましょう。