TEL

カテゴリー:

治療のことスタッフブログ

今回はお口の中の環境と食事の関係についてお話しをしたいと思います。

 

お口の中は酸性?中性?アルカリ性?

みなさん、学生の頃に酸性・中性・アルカリ性という言葉を習ったのを覚えていますか?
お口の中は普段は中性に保たれています。
この状態ではムシ歯のリスクは低いです。
ですが食べ物がお口の中に入るとお口の中は酸性に傾きます。
そしてある一定の酸性度を超えると歯が溶け始めてしまいます。

 

唾液の重要性

しかし、私達のお口の中には、唾液が流れています。
唾液には酸性を中性に戻してくれる働きがあり、その働きによって歯が溶けるのを塞いでいます。
ですがお口の中を汚れたままにしておいたり、常にダラダラ食べたり飲んだりしていれば、唾液による働きが追いつかず、常に酸性に傾いた状態になってしまいます。
なので、食べた後は歯磨きをしてお口の中を綺麗にしたり、ダラダラ食べたり飲んだりすることは控え、時間を決めて食べたりすることが大切です。
みなさん一度食習慣など振り返ってみるのはいかがでしょうか?
気になることや、お口の中の悩みがありましたら、お気軽にどうぞ。