TEL

カテゴリー:

治療のことスタッフブログ予防歯科・ヘルスプロモーション

 

こんにちはDH安達です。
今回はフッ素についてお話ししていきたいと思います。

 

フッ素は身体への害はないの?

フッ素が良いと思っている方や体に害があると思っている方など人それぞれと思いますが現在は市販されている歯磨き粉の多くにフッ素が入っています。その歯磨き粉を通常量使うことで問題になることはまず無いです。
濃度が高い方が虫歯予防効果も高いですが、販売できるフッ素濃度は国際基準で上限1500ppmと決められていて、日本でも2017年からこの基準で販売されています(それ以前は1000ppmでした)
中毒症状を起こすことはありますが
『体重20㎏の子供が60g入りフッ素入り歯磨き粉を一日に1.7本以上一気に飲み込む』などをしなければ大丈夫です。

 

歯磨き後のうがいは一回で歯を守ろう

予防歯科先進国のスウェーデンでは
『フッ素入りの歯磨き粉を歯に塗るように使ってみがき、口の中にフッ素を残すため、グチュグチュうがいはしない』
と小さい頃から教えられるそうでうがいを何度もしないで、軽く1回、歯磨き粉の味が残る程度にした方が体に害もなく歯も守られます。

当院でも何種類かフッ素入り歯磨き粉を用意しているのでまだうがいが苦手な子や味が苦手な子それぞれに合わせて使い分けています。

過剰摂取だけ気をつけて、虫歯予防効果が認められているフッ素を上手に使ってみてくださいね。