TEL

カテゴリー:

スタッフブログ

こんにちは、受付の園田です。
早いもので年末ですね。
一段と寒さも増してきました。

寒くなると、無意識にくいしばってしまい、顎に力が入りすぎてしまうことがあります。今回は、冬の季節にも多くなる顎関節症についてのお話です。

 

顎関節症とは?

まず、顎関節症とは主に
①顎が痛む
②顎を動かすと音がなる
③口が開かない
などの症状がある場合のことをいいます。
硬い食べ物が噛めなかったり、
大きい食べ物が食べにくかったりします。口を開けた時に、カックンと音が鳴ることも特徴です。
また重症になると顎だけでなく、
肩こりや腕指のしびれ、偏頭痛などにも繋がります。

 

顎関節症の様々な原因と治療法について

顎関節症の原因は様々考えられますが、
上下の歯の噛み合わせの異常や、精神的緊張やストレス・歯ぎしり等が顎まわりの筋肉を緊張させ、負担をかけてしまいます。

顎関節症の治療法としては、
夜、寝ている間にマウスピースを入れ、
上下の噛み合わせが均等に接するようにします。
顎の関節が正しい位置に戻り、筋肉の緊張がとれることで、
スムーズに顎を動かすことができるようになります。

顎関節症は日常生活の癖も大きく関わっている為、
ご自身で日頃から意識して気をつけて頂くことで症状が軽くなったり、予防に繋がるようです!
症状が悪化する前に、お気軽にご相談ください。