TEL

カテゴリー:

予防歯科・ヘルスプロモーション

こんにちは、DH南園です。

何年も歯科医院に行ってないと、虫歯があるのか、いくつあるのか、歯周病ではないか…。
とにかく心配になりますよね。

当院ではきっちりとした全体のレントゲンを撮影し、お口の写真を撮影し、歯茎の検査をし、その結果をスライドにまとめてカウンセリングを行います。

リスクのある部位にはドクターが全てチェックを入れ、説明します。
その時、
せっかくだから、全部治したい!
とおっしゃる方がいます。
その気持ち、すごーく分かります。

でも大事なのは、それを治した後なのです。

歯を治療する最大の目的は、咬めるようにするためです。
咬めるようになる、というのは
「今咬めるようになる」のでなく
「長く咬めるようになる」
というのが目的であって欲しいと私達は思っています。

長く咬めるためには、長い目で見て健康であるということ。
今ガツガツ全部治療して、10年咬めて、その後に全部壊れてしまったらとても残念です。

それなら、今回は緊急性の高い6割治しましょう、
あとの4割はメンテナンスで毎回チェックし、しかるべき時に治療する、というのが
長い目で見て健康である可能性が高いのです。

当院では
歯磨きの指導も、治療の提案も、メンテナンスの勧めも全て患者さんが長く咬めるようになるための話ですので、
耳を傾けていただければと思ってます!

写真は私が自宅で使用している歯磨き道具一式です(全てを毎回使ってる訳じゃないです!)
にも関わらず、やっぱり難しい部位にプラークは残るので
プロのクリーニングは大事だな、と思います…。