被せ物が大きな変化があっている!CADCAM冠・セラミックス! スタッフブログvol.76

今回は被せ物の選び方についてお話しします。
被せ物の種類はたくさんあり、保険適応の物や保険外のものなどがあります。
それぞれの被せ物は全てに適応するわけではなく、形態などに適したものを選ばなければいけません。
このように、型取りが必要な歯に保険でできる白い詰め物でうめた場合、噛む力に耐えれず境目がパリパリと剥がれてしまい歯と詰め物の間に隙間ができてしまいます。
隙間ができるとその間から唾液などが入り詰め物の下で虫歯が進みます。
歯と歯の間はデンタルフロスがパチンと入るキツさでないと食べ物が挟まり虫歯になる可能性が高くなります。
なので歯と歯の間に虫歯が達している場合は型取りをして、お口の外で被せ物を作る方が適しています。
ですが、被せ物のにも欠点があります。

歯と被せ物はセメントでくっつけるため厳密にはくっついていません。銀歯と天然歯では銀の方が硬く、すり減るのは歯のほうが早いです。すり減るスピードが違うのでだんだん隙間ができ、虫歯になります。

保険外のものは、保険のものに比べると使える材料や工程が多いので歯との隙間も少なく色も白くて自然ですが、値段が高額です。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に一番合う被せ物を選ぶにはよく知ることが大切です。

被せ物が必要な患者さんには全ての方に説明をしているので、分からないことなどあったらスタッフに相談してみてください!