TEL

カテゴリー:

ブログ小児歯科・小児矯正・咬合育成

昨日の内覧会で多く聞かれた質問です!

矯正はいつからした方が良いの?
色々理由があって話が長くなるので結論だけをまとめると
・反対咬合(受け口は少しでも早く3〜4歳からでも)
 
・他の場合は6歳に検査を行って検討する
→当院のオススメの一期矯正は6〜10歳位の第二乳臼歯が抜けるまでに行います
・それ以降は大人の歯が生え揃う16歳以降がオススメです
 
なんで反対咬合(受け口)だけ早くするの?

話すと長くなるので、簡単に言うと放っておくともっと悪くなる可能性があるからです。
実際の治療は床矯正(ワイヤーではなく取り外しの装置)で行います。
オーダーメイドのものを使うのでムーシールドなどの既製品に比べてより確実です。
装置の装着時間によって治療期間は変わるのですが、長くても半年ぐらいです。
矯正治療は出来る限り短くスパッとしてあげたいのですもんね。
反対咬合は短期で治る事が多いですので少し安心を。
3歳のお子さんです。

afterは終わってしばらく経っての写真ですが、頑張ってくれて4ヶ月くらいで治りました。

読んで頂き、ありがとうございます!
次回は入れ歯の話を。

早くも小児歯科と思われつつあるので・・・。

 

福岡市南区長丘長住の歯科なら「ひろたまさき歯科」へ