TEL

カテゴリー:

こんにちは。DH薬師寺です。

みなさんは歯ぎしりをしてますか?
寝ている時だからわからない、特に指摘させた事がないからやってないと思うなど自分ではどうかわかりにくいかもしれません。
実は歯ぎしりは頻度は違えど、ほとんどの方がやっているのです。
食いしばりも歯ぎしりの一種でこちらは音がしないため気づきにくいですが、朝起きた時にあごが疲れた感じやこわばりがあればやっている可能性は高いです。

睡眠時の無意識での歯ぎしり(食いしばり)はかなりの力がかかっています。
それによって健康な歯でも削れたり、ヒビが入ったり、そのヒビの隙間から菌が入り虫歯になったり。根っこが割れてしまう事もあります。また、歯茎にも力がかかる為歯周病を悪化させる事もあります。
口が大きく開けづらい、痛みが出るなど顎関節症の症状がでる場合もあります。

根本的に原因を治そうと思ったら矯正治療が必要な場合もありますが、期間や費用がかかるため難しい場合も多いですね。

昼間起きている時にもふと気づくと食いしばっている事があるという方はまずは起きている時に食いしばらないことを意識してみましょう。
普通安静な時は上下の歯はあたり合わず、軽く開けた状態で唇を閉じているものです。
夜寝る前に食いしばらないと自己暗示をかけるのも予防になると言われています。

あとは寝る時にマウスピースを使用する方法もあります。
マウスピースを入れると直接歯と歯があたり合うのを防ぐことができます。
最初違和感はありますが、だんだん慣れてくると入れてる方が朝起きた時にあごが楽だという方も多いです。

いろんな症状を引き起こす歯ぎしり。放っておかず色々方法を試してみてはいかがでしょうか?