TEL

カテゴリー:

ブログ治療のこと

向かって左端の歯

 

ピンクの部分が神経でミドリの部分がムシ歯です

神経までギリギリで以前であればほぼ、神経を取っていたような状況

 

しかし、現在は拡大鏡やマイクロスコープを使って

MTAという特別なセメントを使えば

神経を残すことが可能になって来ました!

 

神経を取ると歯の中を多く削る必要があるため

出来る限り残したいというのが私の本音です

 

※状況によっては取らないといけないこともあります!

 私ももちろん、取る治療も行います。

 決して悪い治療ではないので誤解のないように!

 

この神経を残す治療は時間がかかるし、患者さんの負担が大きい事もあります

それでも私達がなんとか残すことがそれ以上のメリットがあると思うからです

 

出来る限り自分の歯を残す事

これはきっと大きな価値だと思います

 

次回は「虫歯は痛まない?」のテーマで書いていこうと思います!

ここまで読んで頂きありがとうございます!