TEL

カテゴリー:

ブログ治療のこと

私たちと患者さんとの感覚が大きく異なることとして

「ムシ歯は痛い!」という点です

このレントゲンの患者さん

の部分がムシ歯

ピンクの部分が歯髄と呼ばれる歯の神経で

神経を取るか動画ギリギリの状態であるのに強く風を当てるとちょっと染みるかな

という程度で歯が欠けるまでほとんど症状はありませんでした

 

もちろん、ムシ歯になると痛むムシ歯もあります!

しかし、

ゆっくりとムシ歯が進行した場合や神経を既に取った歯のムシ歯

痛みなく進行して行くことも稀じゃありません

 

そのため、

急に痛くなって歯科医院に言ったら神経を取ることになった!

何の症状も無かったけどある日、差し歯が取れて歯科医院に行ったら抜歯になった!

などが起こるのはその為です。

 

私達としては出来る限り症状の無いうちに処置を行い

神経がある歯は神経を残す!

神経がない歯も根がムシ歯にならないようにして歯自体を残す!

ようにしていきたいのです。

 

検診に行かなくても40歳台まではほとんど、歯の本数は

変わらないという事実が日本の60歳を過ぎた方々が

苦労しているのは今日、お伝えしたことが大きく関係しているのかもしれません

 

次回は何かすごい出来事がない限り

患者さんに

私がもし一枚しかスライド見せる事が出来ないとしたら

絶対、この一枚!

でお伝えしたい思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!