TEL

カテゴリー:

ブログ審美治療

久々の投稿になってしまいました。

 

「銀歯を白くしたい!」

以前よりそう言われる患者さんは多くなって気がします。

どのように治療するかは歯の状態によって様々なんですが

接着という技術が近年、ものすごい進歩を遂げています。

 

どのケースに応じてどの治療法を選択するかはかなりの診断が必要です

接着治療というものは初めは同じに見えるのですが

数年後、外れてくるというトラブルに見舞われるのです

 

手順にミスがあってもそれが見えない接着治療

何度も何度もシュミレーションして全ての工程を理解して

初めてアシスタントがOKになるような治療なんです

 

此処でドクターサイドがものすご〜く重要な事は

シュミレーション中、スタッフが間違っても怒らないって事ですwww

 

いつも怒ってばかりでスタッフがミスしたことを

責められたくない!バレたくない!

ような環境を作ってしまうと見えないところでドンドンと

接着の失敗が蓄積していくのです・・・

 

プレスセラミックには強サンドブラスト✖️

ジルコニアにはエッチング✖️

モノボンドプラス、イボクリーンの適応症

1液性の予後の問題

など様々な学ぶべきところがある接着治療

 

歯科関係者のみんなでシェアしながら学んで行きましょ