TEL

カテゴリー:

一年前、「右下の歯が痛い」ということで来院された患者さん

銀歯の下で大きな虫歯が進行しており、神経を残す事が出来ませんでした

その日はしっかりと麻酔をし神経を取る治療を行いました

 

その時、お伝えした大事なことは以下の2点

 

・痛みは今日で取れると思いますが、これは治療の終了では無い

・神経の処置後の仮フタをしていますが、それが取れれば体でいうと内臓がむき出しになっていることと同じです

 

しかし、その後の治療には予約の日に来られず、何度か連絡をしましたがそのままに

心配をしつつ何処かで診てもらっていたらと思っていました

そして一年ぶりに「治療途中の歯が痛い!」という連絡があり来院

一年間、そのままで特に治療には通ってなかったとのこと

 

口腔内を確認し、レントゲンを改めて取り直しました

蓋が外れてからかなりの時間が経っておりもう保存が出来ない状態になっていました

 

もしあの時、治療をしておけば両方の歯を削るブリッジ、高額なインプラントや取り外しの義歯の

話をしなくても済んだはずです

治療によっては時間が掛かるも確かにあります

しかし抜歯になった場合はもっと時間がかかったり時には

今より噛めなくなったり審美的でなくなったりすることも少なくありません

もし治療中の歯があればぜひ、歯科医院に再度掛かる事を

ぜひぜひ、お勧めします!