TEL

カテゴリー:

インプラント治療が出来てから治療計画はかなりシンプルになってきました

というのも無いところに歯が作れると他の歯に負担を掛けない設計が出来るからです

以前は複雑な義歯設計やブリッジを長く繋げるため沢山歯を削ってたりしました

そういう治療が以前に比べかなり減ってきました

 

実際のインプラント治療もサージカルガイドと言って

事前にお口の中の模型の情報と骨の状態のCT情報を収集し

デジタル上で設計をします

そこで十分、シュミレーションを行いサージカルガイドというものに沿って実際の治療を行います

ただ、実際とデジタル情報が違うことももちろんあるので、いつでも変更出来るプランを持ちつつオペに臨みます

サージカルガイドを使うとドリルがそこにしか行かないので予定した角度、深さに処置が行えます

こんな感じで予定通りに。

これにより患者さんの負担もかなり軽減されより短時間で痛みの少ない治療が行なっていけます。

痛いっておっしゃることはあまり無いです。

手術の後は「意外とインプラントって大丈夫なんですね。」ってよく言われます。

色々言われているインプラント何ですが現在はより安全で安心で

患者さんにとってのメリットはかなり多いと思います。

悩まれる方もかかりつけの先生に一度相談して下さい。

この患者さんも女子会楽しかったみたいで何よりで。

ここまで読んで頂きありがとうございました。