インプラントも歯周病になる⁉︎ スタッフブログvol.65

  • インプラント

インプラントは虫歯にはなりませんが歯周病にはなる事があるのです・・・

当院ではその可能性を患者さまに説明しメンテナンスをさせてもらっていますが、
他院でしてもらった後メンテナンスには行った事はない・・・という方も少なくありません。

インプラント周囲炎の症状としては、歯茎からの出血や排膿(ウミが出る事)です。
そして、重症化するまで気づかない場合が多いです。

また、天然歯よりも人工物のインプラントの方が進行がはやいと言われています。

インプラントは自分の歯のように噛むことができとても良い治療法ですが、その分自分の歯と同じようにメンテナンスも必要になってきます。
汚れや歯石がついたままにしていると炎症が起きてしまいます。

インプラント周囲炎が起きると骨が減りインプラント自体がぐらつきはじめます。
トラブルなく長くにわたって使ってもらうには適切なメンテナンスが必要になります。

インプラント周囲炎を防ぐ方法
◯ご自宅での正しい歯磨きをしっかりする
 患者さんにあった適切は歯ブラシや磨き方をご説明します!
◯定期検診
 自分では行き届かない難しい部分はプロである衛生士が綺麗にします!

せっかく、入れたインプラント
適切なお手入れでずっと使って行きましょう!

現在、インプラントの設計はデジタル化されておりより安全なものになっています!