TEL

カテゴリー:

ブログ予防歯科・ヘルスプロモーション

以前の内容と被ってしまうのですがすごく大事なコトなので改めて!

すぐに治療をしない! (痛みがあるときはもちろんしますよ!)

そうでなければ治療しない方が良い時もたくさんあります。
それはなぜか?とういうと再発するんです。
しかも、より複雑な状態になってしまう事も少なくありません。

なぜ、再発を起こすのか?
その多くは原因の除去が出来ていないからです。

ムシ歯になる原因は
・歯の質の問題
・歯磨きの仕方
・食べ方のタイミング
など様々の要因から成り立ちます。
それらを総合的に考え原因を一つ一つ除去していきます。
それが出来て来るとお口の中はたとえムシ歯があったとしても医療サイドから見てもきっと進まないであろう!と思えるような素晴らしい環境となります!

・プラーク(細菌の塊)がほとんど無い!
・脱灰(ムシ歯の手前)が止まっている!
・歯がツルツルしている!

治療とはこのような状況でスタートすると再発のない歯科治療が望めるのです!

もし、反対に艶の無い歯に沢山のプラークがついており、脱灰が今にも進みそうな状態でスタートすれば私たちが治療すればするほどに患者さんの歯が小さくなっていく事になりかねません。
ムシ歯に関しての歯科治療というのは
悪いところを除去し新鮮な面を出していく

新鮮面に接着を行い、埋めていく
というのが基本です。

これに原因のコントロールがなされていない場合

悪いところを除去し新鮮な面を出していく

新鮮面に接着を行い、埋めていく

出した新鮮な面がムシ歯になる

埋めていたものに沿って、ムシ歯が進行する
(2次カリエスと言います。)

歯がどんどん小さくなって歯の寿命が縮んでしまう

という流れを追っていってしまうのです。
みなさんが望まれていることはムシ歯が無いことではなく、虫歯を治してその状況がずっと続くことでは無いか?と私は考えています。
歯科医院はクリニックにも通わなくてもムシ歯にならないノウハウを持っていますので色々と話を聞いてみると皆さんの理想とする状態にグッと近づけるかもしれません!

本日もここまで読んでいただきありがとうございました!
この写真はそれを達成する為の秘密兵器です。
次回はこの話を。