日々進化を続ける! セラミック治療の現在

  • 審美歯科

30代の患者さん

5年以上前にした他院でのセラミック治療のやり直し希望で来院されました

歯ぐきとの境目が気になるという事と出来れば左右の差を無くしたいとの事でした

ここ最近のセラミック治療は以前に比べ精度が上がってきており

基本的なことをしっかり守っていけば天然の歯と遜色ない物が可能になりつつあります

術前の診断をきちんと行い、歯石やセメントの残りを除去し

仮歯を適切な形に調整をしていきます

この時点では歯茎も十分に回復しておらず、ブヨブヨなままです

調整を重ねていくとシャープな歯茎になっていきます

この段階でシリコンという特別な粘土のようなもので型取りを行います

色合わせは技工士さんというセラミックを作る方の立会いのもとで行います

それで完成したのがこちら

結構、近くでも見てもほぼ分からないレベルになります

完成の後、技工士さん立会いで色を修正を行い2回目での完成となりました

ちょっと時間があったので家でするホワイトニングも行なっています

ここまで見て頂きありがとうございます!

こんなものかなと思っている方

今の歯科界はだいぶ出来ること増えていますよ!

ぜひ、先生に相談されて見てください!