正確な義歯を作るための一手間

  • 歯のコラム
  • 入れ歯・義歯

義歯で苦労されている患者さんは多くの場合、その噛み合わせがズレています。

・落ちてくる義歯を前歯で気にしながら支えていた。
・痛いので前歯で柔らかいものを少しずつ食べていた。
・一本だけ残った歯で何とか食事してきた。
など、本当は使いたい奥歯を使えない時などはそのズレは前後左右的に多くなります。

苦労の期間が長いほど、本来の噛み合わせを正確に読み取ることが難しくなります。
そこで私がこのようなケースにおいて用いるのが【ゴシックアーチ】という噛み合わせを客観的に読み取ることの出来る処置があります。

ゴシックアーチで得た患者さんの前後左右的な情報
矢印の先に患者さんの噛む位置を作ります!

これは前後左右的なズレをより正確に読み取り易くなります。
通常は噛み合わせの高さを取った後、義歯に歯を並べてくるのですが
ゴシックアーチはそのあとの一手間として用います。

型取り

高さを決める

歯を並べてくる

完成!

となるんですが、この高さを決めるの後に
前後左右的な位置を決める!
を入れていきます。
こうすることで高さ以外の情報も含まれた義歯となりその精度はグッと増します。

歯科治療の多くがそうなんですが、後で何とかしようというよりは
【今、大変だけど一手間かけて後を楽にすること】
がより良い結果を生む事がほとんどです。

本当に良いものを作るときは時間が掛かることはよくあります。
お忙し中で治療に通われているのも先生方もきっと理解されていると思います。
そんな中でもし何かの提案があれば少し耳を傾けて頂けると皆さんにとって急がば回れできっと良いものになると思います!
歯科医院は患者さんのより良いお口の幸せを願っていますので!
ロッテみたいになりましたが
ここまで読んで頂きありがとうございました!
次回は【下の入れ歯もくっつく!】を義歯の編ではやっていく予定です!