セラミック治療の現在←色々変わって来ています、あんまり削らない時代に

  • 審美治療

20代女性のセラミックでの前歯の治療

学生時代に打って歯が折れてその後、セラミックでやり直したそうですが

少しずつ歯茎との境が気になって来たとのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矢印の二つがセラミックで治療したものです

セット後すぐの状態で

歯肉は少し経つともう少し馴染んで来ます

実はちょっとした個性を追加するためもう一度、お預かりしました

セットして1週間

歯肉もだいぶ馴染んで来たように思いますが少しカントゥアが張ってるの来年預かって調整します

が年越しはこれで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、セラミックの技術もかなり進歩しています

 

元の歯の色が良ければあまり歯を削らずを透明感のあるセラミックを使う方法

元の歯に金属が入っていても白いジルコニアという素材を使う方法など

以前より本物に近いものが可能となって来ました

 

ここになるまでプロビジョナルという仮歯をしっかり合わせて

手順をきちんと踏んでいけば綺麗なものになっていきます

 

仕方ないかな、こんなものかなと悩んでいる方も

歯科医院に一度、相談してみてください

 

意外と出来ることって多いんですよ!

ここまで読んでいただき有難うございました!