スタッフブログvol.41 ムシ歯になる原因、クラック!

こんにちは、DH安達です☺

今回はクラックについてお話しします!

みなさんクラックって聞いたことありますか?
クラックとは、歯にヒビ(亀裂)が入っている事を言います。
歯ぎしりや、食いしばりによって起こる可能性がありますが、大きな力がかかる事で柔らかい方が先に消耗し亀裂が生じてしまいます。

なので、詰め物が入っている歯には周りに残っている歯質の部分が亀裂となり根に亀裂が入ってしまうと破折し抜歯せざるを得なくなる場合もあります。
そして、亀裂が起こるとそこから細菌が入ってしまいむし歯の原因にもなるのです。

そんなクラックは見た目だけではなかなか分かりにくく気づきにくいのですが、透照診とう方法でクラックを見つける事ができ患者さんにもより伝わりやすくお見せする事ができます。

当院でも使用しているのですが、透照診によって、健全な歯質部分や詰め物は透過するので明るく映りますが、
クラックやむし歯がある場合、光が乱反射し透過性が無くなる為暗く写り観察する事ができるのです。

クラックが大きい場合治療が必要になってくるので早い段階で気づき神経を残す!
クラックを作らない為にナイトガード(歯ぎしり予防のためのマウスピース)などで予防する事が大切になってくると思います。